投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

世界市況

フランス大統領選に波乱なく買い安心感が広がる

4月24日(月)のアメリカ市場は以下の通りとなりました。
・ダウ平均 20,763ドル(+216)
・S&P500 2,374.1ポイント(+25.4)
・ナスダック 5,983.8ポイント(+73.2)

24日は3指数揃って大幅高、フランス大統領選挙が中道派の
マクロン氏の勝利がほぼ固まり、買い安心感が広まりました。

ナスダックは史上最高値を更新。

 
フランス大統領選挙は、中道派のマクロン氏と極右のルペン氏
での決選投票となりましたが、マクロン氏の勝利は堅いため
先週末から様子見スタンスとしていた投資家が買いを
進めた結果、大幅に上昇。

特に金融株及びハイテク株が買われることになりました。

 
また米国市場より先にオープンの欧州市場でも
買いが先行し、ドイツ市場の指数GER30は
年初来高値更新。

またイギリス指数のUK100もメイ首相の総選挙前倒し
発表前に近い水準まで戻り、欧州市場は全面高の
展開となりました。

更にVIX指数も急落し、金融市場はリスクオンの
展開となりました。

 
フランス大統領選というイベントをよい形で通過し
今後は北朝鮮情勢とトランプ政権の税制改革問題が
相場のテーマとなります。

まずは今週始めは、北朝鮮問題のリスクの顕在化に
留意しつつ、相場をフォローしたいと思います。

2017年4月25日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed