投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

世界市況

トランプ大統領のロシア疑惑 嵐の前の静けさか?

5月16日(火)のアメリカ市場は以下の通りとなりました。
・ダウ平均 20,979.7ドル(-2)
・S&P500 2,400.6ポイント(-1.6)
・ナスダック 6,169.8ポイント(+20.1)

16日はダウ、S&P500は小動きも、ナスダックは上昇。

ナスダックは昨日に引き続き高値を更新し、堅調な上昇を維持。

 
株価には殆ど影響を与えなかったものの
トランプ大統領がロシア外相に対し機密情報を明らかにした
と報じられ、マスコミや議会が状況を注視。

またコミー元FBI長官に対し、トランプ大統領が
ロシア疑惑の捜査をストップするよう要請していた
とも報じられています。

 
株価に対する影響はなかったものの、為替市場では
ドル売りが進み、ユーロドルは上昇しドル円は下落。

ドルインデックスは15日にそれまでのレンジ相場を
下に抜けています。

 
ロシアゲートともメモゲートとも言われ始めている
本疑惑は、今後のトランプ政権が経済政策より疑惑対応に
力を注がざるを得なくなる可能性があり
株式市場に対してはマイナス要因。

今後の状況を注視する必要がありますが
嵐の前の静けさの可能性があります。

 
第一報を経てロシア疑惑に対し、明日の株式市場がどのような
反応を示すのか、注目したいと思います。

2017年5月17日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed