Warning: Use of undefined constant   - assumed ' ' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/sayadori/sayadori.org/public_html/wp-content/themes/original/header.php on line 18
一旦落ち着きを見せた市場だが更なる波乱の芽が | ローリスク サヤ取り投資法
    投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声 プレミアム版メルマガ    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

世界市況

一旦落ち着きを見せた市場だが更なる波乱の芽が

3月6日(火)のアメリカ市場は以下の通りとなりました。
・ダウ平均 24,884ドル(+9)
・S&P500 2,728.1ポイント(+7.1)
・ナスダック 7,372.0ポイント(+41.3)

 
6日は昨日同様3指数揃って上昇したものの
全体的に小動きの展開。

ただしナスダック指数は+41.3ポイントと
着実な上昇を見せました。

 
トランプ政権による貿易制限政策が市場を揺らしていますが
韓国と北朝鮮の首脳会談決定や
それを受けての北朝鮮非核化への期待から
市場心理は落ち着きを見せることになりました。

ただし北朝鮮問題は、一時的な市場テーマとはなりえても
貿易問題のような普遍的テーマとはなりえず
上値を追うような展開には至らず。

 
また原油(WTI)、金、ドルインデックスといった周辺市場も
落ち着いた値動きを見せました。

 
6日は落ち着きを見せた米国市場ですが
波乱が発生したのは、取引終了後。

トランプ政権の経済の司令塔コーン国家経済会議委員長の
辞任が報じられました。

減税案をまとめ上げた功労者ですが
トランプ政権は経済政策の要を失うことになり
貿易摩擦問題など、今後更に迷走する可能性が高いと言えます。

 
コーン氏の辞任の影響が、株式市場にどのような影響を与えるか
7日の値動きに注目したいと思います。

2018年3月7日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed