Warning: Use of undefined constant   - assumed ' ' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/sayadori/sayadori.org/public_html/wp-content/themes/original/header.php on line 18
米長期金利上昇を背景に為替が動く | ローリスク サヤ取り投資法
    投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声 プレミアム版メルマガ    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

世界市況

米長期金利上昇を背景に為替が動く

4月23日(月)アメリカ市場は以下の通りとなりました。
・ダウ平均 24,448ドル(-14)
・S&P500 2,670.2ポイント(+0.1)
・ナスダック 7,128.6ポイント(-17.5)

23日はダウ平均は下落するも14ドル安と小動きで
S&P500、ナスダック指数も大きな値動きは無く
様子見の一日となりました。

 
株式市場の値動きは少ない一方で
為替市場ではドル/円が108円台突入。

またユーロ/ドルも1月以降続くレンジ相場の
下限に達するなど、大きな値動きが生じることになりました。

全般的にはドルが買われる流れで、ドルインデックスが
大きな上昇を見せました。

 
為替市場の値動きの背景は米長期金利の上昇。

米国債の指標となる10年債の利回りが4年ぶりに3%に迫っており
金利上昇がまずは為替市場に影響を及ぼした形となりました。

 
ダウ平均採用銘柄の下落率では1位に
ゴールドマンサックス(-2.10%)がランクイン。

これまで金利上昇は収益増の追い風要因と捉えられていましたが
4月の金利急騰が金融市場の混乱要因として意識され始めています。

 
金融市場を動かすファンダメンタル要因として
米国の金利が浮上する形となりつつあります。

金利要因が株価にまで影響を及ぼすことになるのか
引き続き金利の動向も注意深くフォローしたいと思います。

2018年4月24日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed