Warning: Use of undefined constant   - assumed ' ' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/sayadori/sayadori.org/public_html/wp-content/themes/original/header.php on line 18
米朝首脳会談後の市場の関心はFOMCでの利上げに | ローリスク サヤ取り投資法
    投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声 プレミアム版メルマガ    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

世界市況

米朝首脳会談後の市場の関心はFOMCでの利上げに

・ダウ平均 25,320ドル(-1)
・S&P500 2,786.8ポイント(+4.8)
・ナスダック 7,703.7ポイント(+43.8)

12日はダウ平均、S&P500は横ばいで推移の中
ナスダック指数が上昇しました。

 
注目の米朝首脳会談が終了、しかしながら
破断等の予想外の展開とはならず、既に織り込み済み
として株式市場は反応せず。

更に翌日のFOMC後には金利引き上げが予想されており
投資家は基本的には様子見姿勢を維持。

金融情勢関係なく動く傾向のある
ナスダック指数のみが動く事になりました。

 
アメリカらしいのは米朝首脳会談の終了を受け
ダウ平均採用銘柄ではないものの、軍事企業である
ロッキード・マーチンやレイセオンが売られた部分。

軍産複合体の一面を垣間見ることができます。

 
金融市場は株式市場のみではなく
殆どの市場が、FOMC待ちとなっており
いずれも値動きの少ない1日となりました。

 
ただし明日のFOMCで金利引き上げがなされた後
一気に市場が動くかと言えば、金利引き上げも既に織り込まれており
短期的なボラティリティは生じない可能性があります。

そしてFOMCが明けると欧州勢はワールドカップの
お祭りに入ります。

 
まだ週の半ばですが
今週はボラティリティが生じない可能性も踏まえた上で
市場との向き合い方をとらえる必要があると考えます。

2018年6月13日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed