Warning: Use of undefined constant   - assumed ' ' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/sayadori/sayadori.org/public_html/wp-content/themes/original/header.php on line 18
ダウ平均133ドル安となり3週間ぶりの安値水準に | ローリスク サヤ取り投資法
    投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声 プレミアム版メルマガ    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

世界市況

ダウ平均133ドル安となり3週間ぶりの安値水準に

・ダウ平均 25,673(-133)
・S&P500 2,771.4(-18.2)
・ナスダック 7,505.9(-70.4)

6日は3指数揃っての下落。

ダウ平均は100ドルを超える下落となり
また3営業日続けての下落ともなりました。

尚、ダウ平均は約3週間ぶりの安値水準で
取引を終えました。

 
米国政府は貿易赤字が12年振りに過去最大を記録したと発表。

対中国の貿易赤字が拡大を続けており
今後の米中貿易交渉の悪材料と見なされ
投資家は警戒姿勢を強めました。

これまで楽観ムードの強かった米中貿易交渉に
新たな火種が投入される形ともなりました。

 
ダウ平均採用銘柄の下落率では

3位キャタピラー(-1.68%)
5位ボーイング(-1.32%)

となりましたが、一方で上昇率1位は
ダウ・デュポン(+1.47%)となり
貿易摩擦銘柄の売り一色という状態では
ありませんでした。

 
周辺市場ではVIX指数が上昇し3連騰。

低い値位置にあるため膠着感もありますが
ダウ平均の下落と合わせて見ると
上昇相場に変化が生じる可能性もあります。

 
米中貿易交渉をテーマに上昇した株式市場ですが
3月に入り息切れの感もあります。

また貿易赤字の拡大やトランプ政権内の方針不一致などの
悪材料も見るようになっています。

 
各株価指数の現在の停滞が一時的なものとなるのか
下落の前兆となるのか、注意深く探りたいと思います。

2019年3月7日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed