投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

日本市況

米国市場の下落及び円高の影響 300円以上の下落

1月31日(火)の日本市場は以下の通りとなりました。
・日経平均株価 19,041円(-327円)
・TOPIX 1,521.6ポイント(-22.1ポイント)
・東証1部出来高 19億9746万株
・同売買代金 2兆4867億円
・同値上がり396銘柄、値下がり1,518銘柄、変わらず88銘柄

 
31日は日経平均で300円を超える大幅な下落となり
2日続けての下落。

再び日経平均20,000円が遠くなりました。

 
トランプ大統領の入国禁止令の影響で、リスクオフの流れとなり
米国市場が大きく下落の中、為替が円高に振れ、それらの影響から
日本市場は寄付きより大きく値下がり。

前場・後場ともに上昇の気配無く、19,100円前後の狭いレンジでの
取引となりました。

尚、本日の日銀政策決定会合は、予想通りの政策の現状維持であり
市場には影響はありませんでした。

 
売買代金が2兆円台と低迷の中で、米国市場が崩れたため
本日の日本市場の下落は予想通りと言えます。

今後も売買代金の回復が無い中では、米国市場に左右される
展開が予想されるため、米国市場の下落が押し目か本格下落の
入口かの判断が非常に重要となります。

 
水曜にFRB政策金利発表、金曜に雇用統計と米国市場を占う
指標発表が相次ぐため、当面は日本市場だけでなく
米国市場の動向にもより注意を払う必要があると考えます。

2017年1月31日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed