投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声 プレミアム版メルマガ    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   
  • TOP
  • 日本株式市況

日本株式市況

武田薬品がM&A暫定合意で再び売られる

・日経平均株価 22,215円(-62)
・TOPIX 1,767.7ポイント(-2.0)
・東証1部出来高 14億2346万株
・同売買代金 2兆4679億円
・同値上がり1077銘柄、値下がり894銘柄、変わらず109銘柄

 
25日の日経平均は62円安、昨日3営業日ぶりの
上昇となりましたが、上昇は1日で終了となりました。

ただし昨日の上昇190円分は維持。

 
米国市場がダウ平均で400ドル以上の下落を見せ
市場に買い意欲が無い中、東京市場はスタート。

日経平均は22,100円付近で寄り付いた後は
徐々に値を上げる展開となったものの
昨日比でプラスとなることはありませんでした。

 
為替市場ではドル/円が昨晩108円台に下落したものの
東京時間に109円を回復し、円安が継続。

株式市場の追い風とはなりませんでした。

 
日経平均採用銘柄では下落率4位に
武田薬品(-7.03%)がランクイン。

スイスの製薬会社に対する買収交渉が
暫定合意と報じられましたが、市場は売りで反応。

今回の買収交渉表面化以降、市場は武田に対し
一貫して厳しい姿勢を取っています。

 
米国債の金利上昇が株式市場の不安定要因となりつつあり
米国市場の影響を受ける日本市場も影響は免れません。

米国債の金利並びに米国株式市場の状況を
これまで以上に注視したいと思います。

2018年4月25日 | コメント
1 2 3 4 5 6 88

ブログランキングに参加しています。記事を読んでいただいたら、下のバナーをポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
投資ギャンブル ブログサイトランキング
株式投資 ブログランキング
株式投資

RSS Feed