投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声 プレミアム版メルマガ    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   
  • TOP
  • 世界株式市況

世界株式市況

金融株が上昇を牽引しダウ平均が約1ヶ月振りの高値更新

・ダウ平均 24,207(+141)
・S&P500 2,616.1(+5.8)
・ナスダック 7,034.6(+10.8)

16日は3指数揃っての上昇、ダウ平均は
約1ヶ月振りに高値を更新して取引を終えました。

 
企業の決算発表がスタートしている中で
ゴールドマンサックスの決算が、市場予想を上回る結果に。

銀行や証券含め他の金融機関の決算も良好であり
金融株が株式市場の上昇を牽引しました。

 
ダウ平均採用銘柄の上昇率では

1位ゴールドマンサックス(+9.54%)
3位アメリカン・エキスプレス(+1.45%)
5位JPモルガンチェース(+0.81%)

となり金融株の上昇が顕著。

また2位に昨日好決算で上昇した
ユナイテッドヘルスグループ(+1.79%)
が入っており、好業績銘柄が素直に買われる
流れが継続しています。

 
周辺市場ではドルインデックスの上昇が継続。

先週一旦レンジ相場を下ブレイクした形となりましたが
再びレンジ相場の領域に入る形となりました。

今後レンジ相場に戻るのか注目されます。

 
企業業績の息切れを懸念する声も事前にはありましたが
初動は堅調そのものです。

またイギリスの状況はメイ首相への不信任案を否決して
一旦落ち着きを見せています。

 
引き続き決算発表及びイギリスの状況を注意しながらの
取引を行いたいと思います。

2019年1月17日 | コメント
1 2 3 4 5 6 101

ブログランキングに参加しています。記事を読んでいただいたら、下のバナーをポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
投資ギャンブル ブログサイトランキング
株式投資 ブログランキング
株式投資

RSS Feed