投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

世界市況

FRBイエレン議長の発言で為替は動くも株は小動き

1月18日(水)のアメリカ市場は以下の通りとなりました。
・ダウ平均 19,804(-22ドル)
・S&P500 2,271.8(+4.0ポイント)
・ナスダック 5,555.6(+16.9ポイント)

18日はダウ平均が下落した一方、S&P500とナスダックは上昇。

しかし全体的には小動きの展開。

 
20日のトランプ大統領の就任式を前に、目立った値動きのない
株式市場ですが、為替市場ではトランプ新大統領の経済誌の
インタビュー記事で大きく下落したドルが逆に買い戻されました。

ドル買い戻しの原因は、FRBイエレン議長の講演。

好調な米国経済を背景に年内の数回の利上げを示唆するとともに
ドル高の経済へのリスクは大きくないと発言。

この発言を契機にドルは一気に買い戻され、トランプ大統領の
インタビュー前の水準以上、ドル円は113円前半から
114円後半まで買い戻されました。

ドルインデックスの水準も、1日で行ってこいの状態となり
下落トレンド入り一歩手前で踏みとどまることに。

 
為替は大きく動きましたが、米国株自体は
冒頭に述べたように小動きの展開となっています。

トランプ大統領の就任式まであと2日ですが
本日の状況からも株式市場は就任式待ちの状況です。

株と為替の相関も崩れており、値動きが読みにくいため
あと2日は積極的な売買は避けるべきと考えます。

2017年1月19日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed