投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

世界市況

東京・ロンドン崩れる NYは小幅下落に

1月23日(月)のアメリカ市場は以下の通りとなりました。
・ダウ平均 19,799(-27ドル)
・S&P500 2,265.2(-6.1ポイント)
・ナスダック 5,552.9(-2.3ポイント)

23日は3指数揃って小幅下落。

トランプ大統領の就任を受けた東京市場
そしてロンドン市場が大幅に下落の中で
NY市場も下落。

ただし東京、ロンドン市場とは異なりNY市場は小幅下落に
とどまり、米国市場の底堅さを感じる1日となりました。

 
最終的に小幅下落となりましたが、一時先週末比で
プラスになる時間帯も。

しかしトランプ大統領が企業経営者との面談で
改めて国境税について言及したことが伝わると
発言を嫌気した株式市場は勢いを失いました。

 
一方でドルは売られ、東京時間からスタートした
ドルインデックスの下落が、NY時間に入り再開。

チャート的には安値を更新しダウントレンド入りとなりました。

 
トランプ大統領の国境税発言を契機に株価は下落しましたが
同時に企業経営者には規制緩和を約束しています。

規制緩和のプラス要因と国境税のマイナス要因について
株式市場も影響を読み切れていない状況です。

 
トランプ大統領の発言を追うことで、経済政策の行方及び景気の行方を
探ることも可能であり、まだ当面トランプ大統領の発言には一喜一憂が
継続すると思います。

2017年1月24日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed