Warning: Use of undefined constant   - assumed ' ' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/sayadori/sayadori.org/public_html/wp-content/themes/original/header.php on line 18
取引終了の翌日に米英仏がシリアへの爆撃を実施 | ローリスク サヤ取り投資法
    投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声 プレミアム版メルマガ    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

世界市況

取引終了の翌日に米英仏がシリアへの爆撃を実施

4月13日(金)のアメリカ市場は以下の通りとなりました。
・ダウ平均 24,360ドル(-122)
・S&P500 2,656.3ポイント(-7.6)
・ナスダック 7,106.6ポイント(-33.5)

13日は3指数揃っての下落、ただし前日分の上昇に比べ
いずれの指数も下落幅は低くなっています。

13日より米国企業の1-3月決算発表が開始、当面個別企業の
株価は決算発表内容に左右される状況が継続します。

 
トップバッターとして決算発表を行ったJPモルガンチェースは
市場予想を上回る決算を発表したものの、材料出尽くしとなり
売られることに。

結果ダウ平均採用銘柄の下落率1位(-2.71%)となりました。

全体的に金融株が売られ、下落率4位にゴールドマン(-1.41%)
8位にトラベラーズ(-0.73%)がランクイン。

 
またシリア問題を背景に原油価格(WTI)は小幅ながらも上昇し
高値を更新。67ドル台を維持しています。

 
そして取引終了後の14日(土)に米英仏はシリアへの爆撃を実行。

米軍は攻撃を1回限りとしていますが、シリア攻撃が金融市場に
どのような影響を与えるのか、週明けの取引を見る必要があります。

 
シリアへの爆撃でシリア問題は材料出尽くしとなるのか
それとも混迷のスタートになるのか、来週の金融市場及び
シリア問題の状況変化には注意したいと思います、

2018年4月16日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed