投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

日本市況

アメリカ市場の株高ドル高の流れを受け全面高

2月10日(金)の日本市場は以下の通りとなりました。
・日経平均株価 19,378円(+471円)
・TOPIX 1,546.5ポイント(+33.0ポイント)
・東証1部出来高 22億4275万株
・同売買代金 2兆7569億円
・同値上がり1,707銘柄、値下がり230銘柄、変わらず64銘柄

 

10日は日経平均で400円を超える大幅高。

昨晩トランプ大統領の減税を巡る発言で、アメリカ市場が
大幅高となる流れを引き継ぎ、寄付きから
日経平均で19,000円をアッサリと回復。

その後、前場は上昇が続き、後場はもみ合いとなりましたが
殆ど下がることなく1日が終わり、400円を超える上昇となりました。

 

為替市場においてもドル円が東京時間に円安に振れ
株価の上昇をサポート。

日本の株式市場にとっては理想的な展開となりました。

 

楽観一色の市場ですが売買代金の回復はならず。

SQ算出日にこれだけ上昇したにもかかわらず
売買代金は2.7兆円にとどまっており、日本市場は
アメリカ市場や為替市場に左右される展開が継続しています。

 

日本時間の本日晩に日米首脳会談が開催され
月曜の市場は会談の結果を受けての値動きとなります。

会談より先に動いた金融市場となりましたが
週明けも引き続き動く可能性があるため、月曜の市場の
方向性には十分注意したいと思います。

2017年2月10日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed