投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

日本市況

ダウ平均に追随できず小動きの中で下落

2月23日(木)の日本市場は以下の通りとなりました。
・日経平均株価 19,371円(-8円)
・TOPIX 1,556.2ポイント(-0.8ポイント)
・東証1部出来高 19億6106万株
・同売買代金 2兆43億円
・同値上がり1,013銘柄、値下がり848銘柄、変わらず140銘柄

 

23日も前日に引き続き小動きの展開。

昨晩のアメリカ市場でダウ平均が9連騰を見せ、日本市場への
好影響が期待されましたが、殆ど反応はせず。

為替のドル円市場も値動きが無い中では
日本市場を動かす要因がありませんでした。

そして売買代金も再び2兆円割れ目前の状態に。

ただし、値上がり銘柄>値下がり銘柄、であり
市場のムードは悪くはありません。

 

日経平均採用銘柄のランキングを見ると
下落率トップは東芝の-4.44%。

昨日の20%以上の上昇の反動とは言え、特に材料はなく
完全に短期筋のオモチャ状態となっています。

一方、上昇率トップはヤマトHDの+7.89%。

同社の宅配総量抑制が報じられ、無理な宅配業務がなくなる
ことによる業績改善イメージが先行し、買われる展開
となりました。

 

外部からの風待ちの日本市場ですが、どうやら2月は
このままの状態で終わることとなりそうです。

明日は金曜日であり更に動かない可能性もあるので
無理な売買は控えるようにしたいと思います。

2017年2月23日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed