投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

世界市況

1987年以来の10営業日連続の最高値更新

2月23日(木)のアメリカ市場は以下の通りとなりました。
・ダウ平均 20,810ドル(+34)
・S&P500 2,363.8ポイント(+0.9)
・ナスダック 5,835.5ポイント(-25.1)

23日はダウ平均は上昇、S&P500は小動き、ナスダックは下落と
久しぶりに3指数バラバラの展開となりました。

ダウ平均の最高値更新は何と10日連続、1987年以来30年ぶりの
出来事となりました。

ただし1987年はブラックマンデーで株価が大暴落をしており
一部ではその類似性を指摘する声も上がっています。

またダウ平均上昇の一方で、リスク回避指標の金が急騰しています。

 

足元の市場は、トランプ大統領の減税案の発表待ちの
状態ですが、側近のムニューチン財務長官がインタビューで
減税については先送りとも言うべき発言を行っています。

市場は殆どスルーしていますが、28日にトランプ大統領の
議会演説が控えており、非常に気になる発言となりました。

議会演説では減税の具体案が何も出てこない可能性があります。

 

ダウ平均10連騰という歴史的快挙ではありますが
足元は減税への期待感で買われている面が多分にあります。

 

28日のトランプ大統領の議会演説がどのような内容になるか
注目し、今後の相場の行方を占いたいと思います。

2017年2月24日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed