投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

世界市況

原油急落そして金価格続落と商品市場が動く

3月8日(水)のアメリカ市場は以下の通りとなりました。
・ダウ平均 20,855ドル(-69)
・S&P500 2,362.9ポイント(-5.4)
・ナスダック 5,837.5ポイント(+3.6)

8日はダウ平均とS&P500が下落し、ナスダックが上昇と
まちまちの展開。

ただし後述する原油価格要因を除くと、これまで通り
小動きの展開となりました。

 
8日の最大の注目点は、原油価格(WTI)の下落。

昨年12月に産油国が減産で合意し、価格が上昇を
見せて以降は52-54ドル付近でレンジ相場を形成。

しかし政府の原油在庫統計にて原油価格の上昇が
在庫に殆ど影響を与えていないことが、改めて判明。

それを受けて原油価格は大きく下落しました。

53ドル台の価格は一気に下落し、価格の均衡点と
言われていた50ドル代に突入しました。

 
原油価格の急落を受けて、ダウ平均の値下がり率で
2位シェブロン(-1.97%)、3位エクソンモービル(-1.81%)
となり、原油関連株がダウ平均の下落を牽引しました。

 
更に金価格(XAU/USD)も昨日同様下落を続け
株価と金価格の相関は継続しています。

 
動かない株式市場を尻目に、原油市場が一気に動くことと
なり、また引き続き金価格も下落が止まりません。

金曜日の雇用統計、来週のFOMCを終えるまで
商品市場の動向により注目したいと思います。

2017年3月9日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed