Warning: Use of undefined constant   - assumed ' ' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/sayadori/sayadori.org/public_html/wp-content/themes/original/header.php on line 18
中国人民元 切り下げ | ローリスク サヤ取り投資法
    投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声 プレミアム版メルマガ    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

投資コラム

中国人民元 切り下げ

今日のコラムも、経済ニュースから取り上げてみます。
 
世界の中央銀行が、経済を活性化させるために
債券の買取をしたり、株式の買入をしたりして
市場流動性を高めて、低金利を作り出したりします。
 
そして、もうひとつが、国の通貨に対する政策です。
 
 
今日、中国が突然人民元の切り下げを発表しました。
 
中国は、実質固定相場での取引なっており
中央銀行が為替レートをコントロールしています。
 
本来、中国は完全な変動相場に移っていてもおかしくないのですが
実質的に、為替レートをコントールしています。
 
 
中国は、輸出中心の国ですので、人民元を安くコントロールすることで
中国からの輸出に有利な状態を長年作ってきました。
 
しかし、昨今の世界的な中国の人民元安が批判され
少しずつ、人民元の切り上げをしてきていました。
 
ところが、突然、今日の人民元切り下げです。
 
 
切り下げというのは、人民元の価値を落とすことです。
 
なんて、勝手なことを・・・と思うかもしれませんが
日本もアベノミクスで、相当な円安を作ってきました。
 
世界が、通貨安競争になっています。
 
 
 
最近、中国の景気がやや低調になってきたことを受けて
中国人民元の切り下げという技を繰り出すことで
中国の輸出産業を支援しようということです。
 
 
今日の日本市場は、人民元の切り下げを受けて急落。
 
結局、日本からの輸出に有利だった円安が
人民元安になることで、日本の輸出に影響が出るとの見方から
株価は急落の動きとなりました。
 
後場明けから、もっと下がるかな?と思いましたが
思ったほどに下げずに、とどまった印象は個人的にはあります。
 
 
実質固定相場となっている人民元は
鶴の一声で、自由にコントロールできてしまうので強いです。

2015年8月11日
ブログランキングに参加しています。記事を読んでいただいたら、下のバナーをポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ 投資ギャンブル ブログサイトランキング 株式投資 株式投資 ブログランキング

コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed