投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

日本市況

米国市場の上昇及び日米首脳会談の成功を受け上昇

2月13日(月)の日本市場は以下の通りとなりました。
・日経平均株価 19,458円(+79円)
・TOPIX 1,554.2ポイント(+7.6ポイント)
・東証1部出来高 18億8056万株
・同売買代金 2兆2682億円
・同値上がり1,444銘柄、値下がり436銘柄、変わらず121銘柄

 

13日は日経平均で約80円の上昇となり
2営業日続けての上昇、節目の19,500円を目前とする
水準となりました。

 

金曜日からの日米首脳会談は概ね成功に終わり
また金曜のアメリカ市場も上昇したことを受け
株式市場は前場は19,500円オーバーで寄付き。

しかしながらその後の買いは続かず、さりとて売り崩しの
動きも無く、19,450-19,500円間の狭いレンジでの
取引となりました。

売買代金を見ると2.2兆円とほぼ先週並みであり
日米首脳会談後にあく抜け、という期待感は
残念ながらしぼみつつあります。

 

当面、アメリカ市場及び為替市場に大きく左右されると
予想される日本市場であり、相場を動かす要因としては
トランプ大統領の政策及び発言が大きく影響します。

日米首脳会談は成功しましたが
日本市場の方向性を探るためには、まだしばらく
トランプ大統領のツイッターを始めとする言動に
注意を要する必要があると考えます。

2017年2月13日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed