投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

日本市況

トランプ相場最大の下落 日経400円超下落

3月22日(水)の日本市場は以下の通りとなりました。
・日経平均株価 19,041円(-414)
・TOPIX 1,530.2ポイント(-33.2)
・東証1部出来高 20億5553万株
・同売買代金 2兆6583億円
・同値上がり107銘柄、値下がり1,854銘柄、変わらず49銘柄

 
22日は日経平均で414円の下落となり、昨年秋のトランプ相場以降で
最大の下げとなりました。

また3営業日続落ともなり、先の2営業日の下落が勢いを付けた
形となりました。

 
本日の日本市場の下落は米国市場の急落を受けたもの。

この所、為替の影響を強く受けていた日本市場ですが
本丸の米国市場が崩れると、その影響は為替市場の比では
ありませんでした。

ドル円相場は、111円台へと急速に円高が進みました。

日経平均採用銘柄では、上昇及び変わらずが6銘柄のみという惨状。

下落率を見ると、特に保険株の下落がきつい状態。

下落率1位は昨日同様T&D-HD(-7.20%)、そして下落率10位中の
5銘柄を保険株が占めることとなりました。

 
大きく下落しましたが、日経平均は未だ19,000円台は維持しています。

米国市場次第の面はありますが、本日の下落だけでは押し目なのか
反転サインなのかを判断することは困難です。

ただし、米国市場自体が買われ過ぎの面があったのは否定できないため
今後の値動きには充分注意をして臨みたいと思います。

2017年3月22日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed