Warning: Use of undefined constant   - assumed ' ' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/sayadori/sayadori.org/public_html/wp-content/themes/original/header.php on line 18
金曜の雇用統計発表に向けた市場の動きに注目 | ローリスク サヤ取り投資法
    投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声 プレミアム版メルマガ    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

世界市況

金曜の雇用統計発表に向けた市場の動きに注目

10月3日(月)のアメリカ市場はダウ平均終値が54ドル安の18,253ドル
S&Pが7ポイント安の2,161ポイント
ナスダックが11ポイント安の5,300ポイントとなりました。
 

9月30日(金)にアメリカ政府とドイツ銀行で
制裁金支払い減額の報道が出て株価が上がりました。
 
しかしその後、アメリカ政府・ドイツ銀行の両者から何ら発表はなく
再びドイツ銀行に対する不安心理がもたげ始めています。

 
そんな中で、イギリスがEU離脱交渉を来年3月までに開始する
との報道があり、ダウは一時100ドル以上下げる展開に。
ただし、後半は値を戻し54ドル安で着地しました。
 

イギリスのEU離脱に向けた動きの本格化に
素直に反応したのが為替のGBP/USDです。
 
EU離脱具体化の報道とともに値を下げ始め
10月3日には日足の実体ベースで国民投票後の安値の下抜けが確定。
 
その後、10月4日に入っても下落は止まらず
日本時間16時30分時点で1.2774ドルとなり
GBP/USDチャートは底を抜けた状態となっています。
 
市場ではドイツ銀行、イギリスのEU離脱の2つの問題がクローズアップされました。

 
10月7日(金)に米国・雇用統計の発表を控えています。
今週は雇用統計の発表待ちで、市場に大きな動きはない可能性が高いです。
 
今後は雇用統計に向け、各市場が様子見モードになるかどうかに注目です。
 

2016年10月4日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed