投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

世界市況

株式及び為替市場の値動きナシ 商品市場が動く

2月8日(水)のアメリカ市場は以下の通りとなりました。
・ダウ平均 20,054(-35ドル)
・S&P500 2,294.6(+1.5ポイント)
・ナスダック 5,682.4(+8.2ポイント)

 
8日はダウ平均が下落するも、S&P500とナスダック指数は
上昇し、方向性の無い展開となりました。

同日当局より発表された原油在庫が大幅増加となりましたが
最も消費者に近いガソリンの在庫が減少に
転じていたことが判明。

これを受け昨日急落した原油価格(WTI)は買い戻され、
51ドル台から52ドル台に回復。

 
当初は下落してスタートしていたアメリカ市場ですが
原油価格の戻りが始まるにつれ、上昇する銘柄も出始め
ダウがプラスになるまでは戻りませんでしたが
ほぼ昨日に近い水準まで値は回復しました。

 
そして原油価格の戻りとともに、金価格も上昇し
7日の高値をブレイクし再び高値を更新。

リスク指標の金が独歩高を継続しています。

 
株式市場だけでなく、為替市場も凪状態の中で
商品市場が一人上下している状態となっています。

 
日本から見れば日米首脳会談待ちとなりますが、世界的には
それ程大きなイベントではありません。

市場は相場を動かす材料待ちと言えます。

どのようなきっかけで相場が動き始めるのか
各方面のニュースに今後気を付けたいと思います。

 
ところで、トランプ氏がアメリカ企業向けの大型減税を
示唆する発言をしており、9日のアメリカ市場は急変。

やはりトランプ発言で、市場の流れは大きく変わります。

2017年2月9日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed