投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

世界市況

3指数揃って上昇 ナスダック指数の上昇が顕著

2月17日(金)のアメリカ市場は以下の通りとなりました。
・ダウ平均 20,624(+4ドル)
・S&P500 2,351.1(+3.9ポイント)
・ナスダック 5,838.5(+23.6ポイント)

 
17日は3指数ともに上昇、特にナスダックの上昇が
目立つ1日となりましたが、いずれの市場も最高値を更新しました。

 
基本的には月内に発表されるトランプ政権による減税案の
発表待ちであり、個別銘柄の事情で相場が動く傾向が強い
1日となりました。

 
ダウ平均の上昇率1位のベライゾン(+1.51%)は、ソフトバンク子会社の
スプリントと業界3位のTモバイルの合併観測から通信業界の再編期待が
背景にあり、上昇率2位のボーイング(+1.11%)は、トランプ大統領による
F/A18戦闘機の大量発注の可能性示唆が背景にあります。

 
月末までに発表と言われている、減税案の発表まで動きがたい展開が
予想されますが、値動きの停滞を先取りしているのが原油価格(WTI)。

先週から53-54ドル付近での値動きに終始しており
完全にレンジ相場に突入しています。

 
原油及び株式市場ともに、停滞相場の後は大きく動くことが多いので
次に動くときは一気に動く可能性が高くなっています。

 
上昇か下落か予断を持つことなく待ち
次の相場の方向を見誤らないようにしたいと思います。

2017年2月20日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed