投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

世界市況

トランプ大統領の議会演説好感 3指数とも大幅高

3月1(水)のアメリカ市場は以下の通りとなりました。
・ダウ平均 21,115ドル(+303)
・S&P500 2,395.9ポイント(+32.3)
・ナスダック 5,904.0ポイント(+78.5)

1日はトランプ大統領の議会演説を受けて、3指数ともに
大幅な上昇。

ダウ平均は303ドル高と大幅に上昇し、遂に21,000ドルを
突破しました。

 

トランプ大統領の議会演説は、政策の具体的な内容への
言及は殆どなかったものの、融和的かつ冷静な演説が
国民からは評価。

国民の前向きな評価を背景に、アメリカ市場は
約1週間のレンジ相場を上方ブレイクすることとなりました。

 

3月のトランプ相場を期待させるような上昇であり
ダウ平均採用の上昇銘柄ランキングも

1位JPモルガンチェース+3.29%
2位アメリカンエキスプレス+2.32%
3位トラベラーズ・カンパニー+2.25%

となりトランプ相場を彷彿させる金融株が上昇率
上位にランクインしました。

 

ただし3月中の金利引き上げの声が大きく
なりつつあります。

金利引き上げが株価失速の引き金を引く可能性があるため
今後の動向に注意が必要です。

3月3日のFRBイエレン議長の講演会、3月14-15日の
FOMCとFRB関連の重要イベントがあるので、FRBの動向を
今後探っていこうと思います。

2017年3月2日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed