投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声 プレミアム版メルマガ    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

5月, 2018

確定タイミングを目標越え

2018年5月31日

[5/15 寄り仕掛け] 13営業日目

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 7269 スズキ 6213 6262 -0.79%
買 4183 三井化学 3195 3150 -1.41%
損益率 -2.20% 目標値 5%

 
今日もまた、少しサヤ拡大。

ジワジワとサヤ拡大のトレンドに入っていて
今は、全くトレンドに乗れていません。

まだチャンスがないわけではないですが
残り日数が少なくなってきた中だと
非常に厳しいかなぁという感じがしています。

 
 

[5/18 寄り仕掛け] 10営業日目

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 4061 電化 4400 3995 9.20%
買 6508 明電舎 431 408 -5.34%
損益率 3.87% 目標値 5%

 
こちらは、サヤ縮小してくれました。

利益率が、2%と3%台を行き来している感じで
流れとしては、悪い感じではありません。

3%台に到達しているときに、あと一踏ん張りしてくれれば
確定ラインを超えることも可能だと思うので
今日の一撃に期待したいとです。

 
 

[5/21 寄り仕掛け] 9営業日目

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 5101 浜ゴム 2660 2370 10.90%
買 1615 銀行業連動型 201 188 -6.47%
損益率 4.43% 目標値 5%

 
ほとんど、サヤは変わっていません。

ただ、これまで順調に縮小してきた流れが
ここにきて止まったという見方をすることもできます。

既に無理のあるレンジになってきているので
とにかく、まだサヤ縮小できるのか?というところが
まだ分からないところではあります。

更新: サヤ取り公開ペア | No Comments »

ダイコク電機(6430) vs 竹内製作所(6432)

2018年5月31日

31日のサヤ取りデイトレですが、

売り 6430 ダイコク電機
買い 6432 竹内製作所

を取り上げてみたいと思います。

下落率ランキングから探すしかなかったのですが
思ったよりも、ネタなしで下げているペアがなく
ちょっと残念な感じでした。

で、良いペアが見つかったのですが
非常に相関性が高く、今日だけで5%くらいのサヤがあり
狙い目としては、素晴らしいペアです。

ただ、最大の欠点は、ダイコク電機の出来高が極めて少ない。
仮にこのメルマガで仕掛けたら、それだけでアウトになりそうです。

 
さて、事前予想通り、出来高は非常に少なく
寄り付きで少量だけ遊びで入れてみて、あとは放置。

どうなるか結果を見てみましたが
ダイコク電機がやや強い動きになって
サヤとしては拡大の動きとなってしまいました。

引けベースで、2%弱くらいサヤが拡大しており
マイナスのままの終わりとなりました。

出来高が少ないので、あせっても仕方なく
少しの売買で板が動いてしまうので静観。

出来高少ない銘柄のデイトレができない訳ではないですが
やっぱり出来高が多いに越したことはありません。

更新: サヤ取り デイトレ | No Comments »

月末特有の注文により売買代金4兆円台に

2018年5月31日

・日経平均株価 22,201円(+183)
・TOPIX 1,747.4ポイント(+11.3)
・東証1部出来高 22億6414万株
・同売買代金 4兆4333億円
・同値上がり1200銘柄、値下がり796銘柄、変わらず88銘柄

 
31日の日経平均は+183円高となり3営業日ぶりに反発。

昨日339円下落しており、一旦反発する形となりました。

 
昨日の米国市場はダウ平均が+306ドルになり反発。

買われやすい地合いの中で為替市場でも
ドル/円が108円台半ばの値動きを昨日から維持。

よって下落要因の少ない中で窓を開けて寄り付き
その後は後場に入り上昇し、1日の取引を終えました。

ただし昨日の下落339円を取り返すには至っておらず
単なる戻しに届まる可能性も。

 
売買代金が4兆円台に乗りましたが
月末特有の注文が出たためであり、参考数字となります。

 
日経平均採用銘柄では上昇率2位に資生堂(+5.14%)が登場、

これまで横ばいの業績が続いていたものの
インバウンド消費に加え長年の懸念であった海外事業で
利益が出る体制となり、成長が見込めるようになり
証券会社のレーディング変更を契機に買われました。

 
6月ですが雇用統計の発表日でもあります。

無理なトレードをせず
次のトレンドが生じるのを待ちたいと思います。

更新: 日本株式市況 | No Comments »

各市場で前日の値動きの巻き戻しが発生

2018年5月31日

・ダウ平均 24,667ドル(+306)
・S&P500 2,724.0ポイント(+34.1)
・ナスダック 7,462.4ポイント(+65.8)

30日は3指数揃って上昇、ダウ平均は+306ドル高となりましたが
前日の391ドル安を取り返すには至りませんでした。

ただしナスダック指数は+65.8ポイントとなり
前日の-37.2ポイントをはるかに上回る上昇を見せました。

 
前日のイタリア政局に対する警戒感は
大統領と連立与党間での妥協の見通しが浮上し
一気に収まることに。

その結果、前日に下落した債券、株などは
一気に巻き戻しの値動きが生じることになりました。

ダウ平均採用銘柄では下落したのが3銘柄のみと
全面高の展開。

 
また前日の巻き戻しの値動きに反応したのがドルインデックス。

この所一方向に上昇してきましたが
4月中旬以来初とも言える大きな下落を見せました。

しかしながら依然上昇トレンドは維持しています。

尚、ユーロ/ドルも同様の値動きを見せ
これまでの下落が一転、上昇となりました。

 
またVIX指数は下落したとはいえ
昨日生じた窓を埋めるには至らず。

このまま再び下落し窓を埋めることになるのか注目されます。

 
前日からの行って来いの値動きとなった本日ですが
再び株式市場は上昇に向け動くことになるのか
明日以降の値動きに注目したいと思います。

更新: 世界株式市況 | No Comments »

イタリア政局 一旦落ち着き

2018年5月31日

来客があったので、朝から1日外出していました。

1日だけだったので、あっという間に時間が過ぎてしまい
打ち合わせの時間が過ぎるのも、非常に早かったです。

そして、今日から6月に突入するので
今日からは、また色々と忙しくなります。

時間がないので、今日は短縮モードでいかせてください。

 
 

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<5年間負けナシ 「ローリスク サヤ取り投資法」>

○ 世界3大利殖術のひとつ「サヤ取り投資術」
○ サヤ取り公開ペアで、5年間負けナシの投資実績 (5年の利益率合計で251.62%)
○ 株価暴落でも慌てない。相場に左右されない、安定した投資術
○ ボタン一発「サヤ取りくん」ツールで、再現性の高いペア抽出
○ サヤ取り会員限定のメルマガ、黄金ペアのニュースレター配信
○ サヤ取り会員限定のセミナー・勉強会開催
○ 投資のお悩み相談、電話・メールサポート実施

<詳細は、こちらから>
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://sayadori.org/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

 
 

■■ 世界市況の様子 - 各市場で前日の値動きの巻き戻しが発生 ■■

 
・ダウ平均 24,667ドル(+306)
・S&P500 2,724.0ポイント(+34.1)
・ナスダック 7,462.4ポイント(+65.8)

30日は3指数揃って上昇、ダウ平均は+306ドル高となりましたが
前日の391ドル安を取り返すには至りませんでした。

ただしナスダック指数は+65.8ポイントとなり
前日の-37.2ポイントをはるかに上回る上昇を見せました。

 
前日のイタリア政局に対する警戒感は
大統領と連立与党間での妥協の見通しが浮上し
一気に収まることに。

その結果、前日に下落した債券、株などは
一気に巻き戻しの値動きが生じることになりました。

ダウ平均採用銘柄では下落したのが3銘柄のみと
全面高の展開。

 
また前日の巻き戻しの値動きに反応したのがドルインデックス。

この所一方向に上昇してきましたが
4月中旬以来初とも言える大きな下落を見せました。

しかしながら依然上昇トレンドは維持しています。

尚、ユーロ/ドルも同様の値動きを見せ
これまでの下落が一転、上昇となりました。

 
またVIX指数は下落したとはいえ
昨日生じた窓を埋めるには至らず。

このまま再び下落し窓を埋めることになるのか注目されます。

 
前日からの行って来いの値動きとなった本日ですが
再び株式市場は上昇に向け動くことになるのか
明日以降の値動きに注目したいと思います。

 
 

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   <初心者向け 投資で勝つ体質を作るのにおすすめ>
   「投資における3つの掟」

○ 負けない投資家になる大切な要素。これを知らずに投資では勝てない!!
○ 投資ルール、メンタルコントロール、資金管理の3つを解説
○ 投資セミナーで圧倒的に高い評価を受けているセミナー
○ 勝率30%でも儲けられる理由とは?
○ 100%全額返金保証付き

<詳細は、こちらから>
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://kabu-winners.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

 
 

■■ 日本市況の様子 - 月末特有の注文により売買代金4兆円台に ■■

 
・日経平均株価 22,201円(+183)
・TOPIX 1,747.4ポイント(+11.3)
・東証1部出来高 22億6414万株
・同売買代金 4兆4333億円
・同値上がり1200銘柄、値下がり796銘柄、変わらず88銘柄

 
31日の日経平均は+183円高となり3営業日ぶりに反発。

昨日339円下落しており、一旦反発する形となりました。

 
昨日の米国市場はダウ平均が+306ドルになり反発。

買われやすい地合いの中で為替市場でも
ドル/円が108円台半ばの値動きを昨日から維持。

よって下落要因の少ない中で窓を開けて寄り付き
その後は後場に入り上昇し、1日の取引を終えました。

ただし昨日の下落339円を取り返すには至っておらず
単なる戻しに届まる可能性も。

 
売買代金が4兆円台に乗りましたが
月末特有の注文が出たためであり、参考数字となります。

 
日経平均採用銘柄では上昇率2位に資生堂(+5.14%)が登場、

これまで横ばいの業績が続いていたものの
インバウンド消費に加え長年の懸念であった海外事業で
利益が出る体制となり、成長が見込めるようになり
証券会社のレーディング変更を契機に買われました。

 
6月ですが雇用統計の発表日でもあります。

無理なトレードをせず
次のトレンドが生じるのを待ちたいと思います。

 
 

■■ サヤ取り デイトレ - ダイコク電機(6430) vs 竹内製作所(6432) ■■

 
31日のサヤ取りデイトレですが、

売り 6430 ダイコク電機
買い 6432 竹内製作所

を取り上げてみたいと思います。

下落率ランキングから探すしかなかったのですが
思ったよりも、ネタなしで下げているペアがなく
ちょっと残念な感じでした。

で、良いペアが見つかったのですが
非常に相関性が高く、今日だけで5%くらいのサヤがあり
狙い目としては、素晴らしいペアです。

ただ、最大の欠点は、ダイコク電機の出来高が極めて少ない。
仮にこのメルマガで仕掛けたら、それだけでアウトになりそうです。

 
さて、事前予想通り、出来高は非常に少なく
寄り付きで少量だけ遊びで入れてみて、あとは放置。

どうなるか結果を見てみましたが
ダイコク電機がやや強い動きになって
サヤとしては拡大の動きとなってしまいました。

引けベースで、2%弱くらいサヤが拡大しており
マイナスのままの終わりとなりました。

出来高が少ないので、あせっても仕方なく
少しの売買で板が動いてしまうので静観。

出来高少ない銘柄のデイトレができない訳ではないですが
やっぱり出来高が多いに越したことはありません。

 
※「サヤ取り デイトレ」のコーナーですが
明日のサヤ取り デイトレペア候補については
サヤ取り王子の株式投資情報「プレミアム版」限定で配信しています。
http://sayadori.org/melmaga/

 
※サヤ取りデイトレセミナーがDVDになりました。
デイトレに挑戦する場合は、事前にやり方を習得してください。
サヤ取りくんを使わず、証券会社のツールでデイトレできます。

サヤ取り投資 デイトレセミナー DVD

 
 

■■ 公開サヤ取りペア - 確定タイミングを目標越え ■■

 
[5/15 寄り仕掛け] 13営業日目

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 7269 スズキ 6213 6262 -0.79%
買 4183 三井化学 3195 3150 -1.41%
損益率 -2.20% 目標値 5%

 
今日もまた、少しサヤ拡大。

ジワジワとサヤ拡大のトレンドに入っていて
今は、全くトレンドに乗れていません。

まだチャンスがないわけではないですが
残り日数が少なくなってきた中だと
非常に厳しいかなぁという感じがしています。

 
 

[5/18 寄り仕掛け] 10営業日目

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 4061 電化 4400 3995 9.20%
買 6508 明電舎 431 408 -5.34%
損益率 3.87% 目標値 5%

 
こちらは、サヤ縮小してくれました。

利益率が、2%と3%台を行き来している感じで
流れとしては、悪い感じではありません。

3%台に到達しているときに、あと一踏ん張りしてくれれば
確定ラインを超えることも可能だと思うので
今日の一撃に期待したいとです。

 
 

[5/21 寄り仕掛け] 9営業日目

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 5101 浜ゴム 2660 2370 10.90%
買 1615 銀行業連動型 201 188 -6.47%
損益率 4.43% 目標値 5%

 
ほとんど、サヤは変わっていません。

ただ、これまで順調に縮小してきた流れが
ここにきて止まったという見方をすることもできます。

既に無理のあるレンジになってきているので
とにかく、まだサヤ縮小できるのか?というところが
まだ分からないところではあります。

 

※サヤ取り公開ペアは、4営業日目から銘柄名が公開となります。
プレミアム版メルマガでは、全ての銘柄名が公開となります。

 
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆☆ 柿田文和著 「週30分ルーティン投資術」 アマゾン1位獲得! ☆☆☆

○ 当メルマガで紹介しているサヤ取り投資を、投資初心者向けに執筆
○ 3つの特典付きキャンペーンを実施中
○ 「投資における3つの掟 DVD2巻プレゼント」もあり
○ 筆者サイン付き書籍もお申し込み可h

<詳細は、こちらから>
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://sayadori.org/amazon/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

 
 

■■ サヤ取り 編集後記 ■■

 
サヤ取り公開ペアは、安定した流れになっています。

全体的には悪くない流れです。

相場は、上下の変動が増えていますが
だからこそサヤ取りの良さが出ているところもあります。

6月相場に突入します。
今年も半分の折り返しが近づいてきましたが
引き続き、がんばっていきましょう!

 

今日もメルマガを読んでいただき、ありがとうございます。

では、また明日~

 
[サヤ取り王子の株式投資日記 第2477号 5月31日版]

更新: サヤ取り王子のブログ | No Comments »

確定タイミングを目標越え

2018年5月30日

[5/8 寄り仕掛け ==> 5/30 寄り決済]

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 5411 JFE 2357 2238 5.05%
買 6326 クボタ 1822.5 1837 0.80%
損益率 5.84% 目標値 5%

 
今日の寄りつきにて決済しました。
なんと、サヤ縮小しての寄り付きとなって、5%を超えてきました。

決済のタイミングで、なんとも良い感じで
一番良い水準での決済ができました。

非常に嬉しいですし、相場が大きく下がったのが良い方向に作用しました。

 
 

[5/15 寄り仕掛け] 12営業日目

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 7269 スズキ 6213 6169 0.71%
買 4183 三井化学 3195 3115 -2.50%
損益率 -1.80% 目標値 5%

 
こちらのペアは、また少しサヤ拡大。

ちょっと、ここ最近サヤ拡大の流れが続いているので
トレンドとしては、ちょっとイマイチな感じです。

転換サインが見えてこないので
ちょっとこの先も不安定な動きになりそうです。

 
 

[5/18 寄り仕掛け] 9営業日目

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 4061 電化 4400 4045 8.07%
買 6508 明電舎 431 408 -5.34%
損益率 2.73% 目標値 5%

 
若干サヤ縮小しましたが
ほぼ変わらずで安定した動きになっています。

動きはないですが、相場が騒がしくなっている中で
サヤ取りらしい安定した動きをしてくれています。

 
 

[5/21 寄り仕掛け] 8営業日目

保有銘柄 買値 現在値 損益率
売 5101 浜ゴム 2660 2367 11.02%
買 1615 銀行業連動型 201 188 -6.47%
損益率 4.55% 目標値 5%

 
なんと、さらにサヤ縮小してくれて
5%まで、あと少しというところまできました。

正直、予想以上の動きで、非常に嬉しいです。

ここまできたら、確定まで行ってもらいたいですが
既にボリンジャーのマイナス2σを超えているので
超えるのだったら、一気に超えてしまって欲しいです!

更新: サヤ取り公開ペア | No Comments »

伯東(7433) vs 佐鳥電機(7420)

2018年5月30日

30日のサヤ取りデイトレですが

売り 7433 伯東
買い 7420 佐鳥電機

を取り上げてみたいと思います。

同業種で、ランキングから選択してみています。

サヤの動きとしては、面白いかと思うのですが
とにかく出来高が少ないのが気になるところ。

出来高がないので、あまり無理せずに
のんびりと攻めるのがいいかと思います。

 
寄り付きですが、伯東が寄り付きから下落し
1%くらいサヤが縮小しての寄り付きに。

寄り付きから行くか悩むところですが
ここは安定したところを目指しての仕掛けに。

結果的には、あまり寄りついた後も
あまりサヤとしては動きはなかったので
タイミングを見てエントリー。

10時過ぎくらいに、1%くらいのプラスで決済してしまったのですが
そこからが大きくサヤ縮小する流れで
終値で見ると、3%くらいのプラスになっていました。

悩むところが多かったですが、まあプラスだったので
まあ良しとしておきます。

更新: サヤ取り デイトレ | No Comments »

TOPIXが8営業日続けての下落となる

2018年5月30日

・日経平均株価 22,018円(-339)
・TOPIX 1,736.1ポイント(-25.7)
・東証1部出来高 15億9261万株
・同売買代金 2兆7783億円
・同値上がり292銘柄、値下がり1760銘柄、変わらず32銘柄

 
30日の日経平均は339円安となり大幅な下落。

日経平均は2営業日続けての下落ですが
TOPIXは8営業日続けての下落。

先週よりジリジリと下落していましたが
一気に大きな下落が到来しました。

 
イタリアの政局混乱に端を発した金融市場の混乱は
遂に昨日ダウ平均の約400ドル安を招くことに。

ダウ平均の大幅下落の流れを受け日本市場も窓を開けての下落。

日経平均で一時22,000円を割れてしまいましたが
終値では22,000円は維持。

ただし全面安の展開となりました。

 
一方で昨日大きな下落を見せたドル/円は
108円台半ばの値動きに終始。

下落は昨日1日で止まることになりました。

尚、為替市場ではユーロが売られて円が買われており
ユーロ/円が大きな値動きを見せています。

 
為替市場及びアメリカ経由でイタリアの政局混乱の
影響が日本市場にも生じています。

イタリアの政治的混乱は一筋縄では収まりそうにないため
当面混乱が継続するリスクも踏まえながら状況を
フォローしたいと思います。

更新: 日本株式市況 | No Comments »

南欧発の政治不安により全面安に

2018年5月30日

・ダウ平均 24,361ドル(-391)
・S&P500 2,689.8ポイント(-31.4)
・ナスダック 7,396.5ポイント(-37.2)

29日は3指数揃っての下落、ダウ平均は
400ドル近い下落となりました。

 
イタリアで大統領が与党連合の推薦した首相を拒否。

またスペインではラホイ首相への不信任決議が審議入りし
南欧発の政治不安が発生。

イタリア国債の利回りが急騰の結果
金融市場に混乱が生じ、米国市場も影響を
受けることになりました。

 
ダウ平均採用銘柄は上昇が2銘柄のみと全面安。

また下落率では

1位JPモルガンチェース(-4.27%)
2位ゴールドマンサックス(-3.40%)
3位アメリカンエキスプレス(-3.34%)

と金融市場の混乱を背景に金融株が下落を主導。

またジリジリと下落が続いたVIX指数も急騰し
一気にリスクオフへと市場は傾きました。

 
為替市場ではユーロが売られる一方
安全資産とされる円とスイスフランが買われる中
ドルも若干の上昇を見せユーロ/ドルは年初来安値を更新。

4月から続くドル買いの流れは依然継続しています。

 
南欧問題が好調の続いたアメリカ金融市場の流れを変えるのか
それとも単なる一時的な影響に留まるのか
当面市場のテーマに位置付けられるので状況をフォローしたいと思います。

更新: 世界株式市況 | No Comments »

イタリアの政局混乱

2018年5月30日

株価が下落していますが、この話題に触れておく必要があるでしょう。

日経平均も急落となっていますが
その大きな要因として、イタリアの政局混乱があります。

呉越同舟というか、元々無理があったと言えばそうなのですが
3月に総選挙を実施して、連立を組む予定だったのですが
2つの政党間の違いが大きくて、連立が組めていません。

こうした事態を受けて、再選挙という可能性が出てきました。

これを受けて、株式市場は大きく下落する事態となっています。

 
これだけ見ると、たいした話ではない気がしますが
もし再選挙となると、場合によってはですが
イタリアもEUから脱退するという可能性もゼロではないということです。

イギリスがEUから脱退した事を受けて
EU各国では、EUの存在意義を問う話は、各国であります。

特にEUの恩恵が薄い国にとっては
EU脱退した方が良いのでは?という考えの人が少なからずいます。

 
選挙は、国民の声を反映する良いチャンスですが
実際にイギリスでの選挙結果などを見ると
EU脱退という選択をする可能性もあるため
イタリアもEU脱退というようなことがあると
世界的にも大きなインパクトがあると思います。

EU崩壊に繋がっていく可能性があるため
リスクを意識した売りが広がっているという状態です。

イギリスの選挙、アメリカの選挙、マレーシアの選挙など
ここ最近は、予期しないことが起こることが多いので
特に神経質になるのは仕方ないと思います。

今すぐという話ではないですが、動向は見ておく必要がありそうです。

更新: 投資コラム | No Comments »
RSS Feed