投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   

世界市況

財務長官の減税発言を契機にダウが174ドル値上がり

4月20日(木)のアメリカ市場は以下の通りとなりました。
・ダウ平均 20,578ドル(+174)
・S&P500 2,355.8ポイント(+17.6)
・ナスダック 5,916.7ポイント(+53.7)

20日は3指数揃って大幅な上昇、2日続けて各100ドル以上の
下落を見せたダウ平均も+174ドル上昇し、一旦大きく反発しました。

 
地政学リスクが表面的には沈静化した中で
ムニューシン財務長官が税制改革に改めて前向きな方針を
コメントし、市場が反応しました。

尚、ナスダック指数は20日の上昇で最高値を更新。

ダウ平均やS&Pに比べ、ナスダックの強さが際立っています。

 
ダウ平均採用銘柄において上昇率ベスト3は

1位アメリカンエキスプレス +5.92%
2位ゴールドマンサックス +1.85%
3位ビザ +1.56%

と金融株が独占し、5位にはJPモルガン(+1.29%)も入っており
今週売られていた金融株が買い戻される格好となっています。

 
税制改革の進展に市場は未だ期待を抱いていますが
本日の財務長官のコメントは、頑張ります、との発言だけで
具体策の提示は今後の課題となります。

 
まずは本日の上昇が、単なる戻りとなってしまうのか
それともしばらく続いた下落からの反転サインとなるのか
注意深く見守りたいと思います。

2017年4月21日
コメントの投稿
お気軽にコメントを投稿ください。お名前、メールアドレス、コメントを記入ください。メールアドレスは非公開です。

必須項目

必須項目

RSS Feed