投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声 プレミアム版メルマガ    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   
  • TOP
  • 世界株式市況

世界株式市況

米国市場は独立記念日で休場

・ダウ平均 休場
・S&P500 休場
・ナスダック 休場

4日はアメリカの独立記念日で株式市場は休場。

アメリカ市場が休場のため、各周辺市場の状況を概観いたします。

 
先進国で最も下落しているのがドイツ市場であり
指数GER30は6月半ばより急落。

ただしGER30は昨年9月以降のレンジ相場にある中で
現状ではまだレンジ相場の半ばに位置しており
下落が決定的な状況ではありません。

 
イギリス市場も6月半ばより下落していますが
指数FTSE100は最高値を更新後の下落であり
依然として高値の水準にあり、上昇トレンドが
崩れた訳ではありません。

ただしイギリスはBrexitの進め方で揺れており
経済減速の指標も相次いでおり注意が必要です。

 
一方で堅調そのものなのは原油価格(WTI)。

OPEC明けの上昇で5月の最高値を更新し最高値水準をキープ。

2014年以来の高値水準にあり、更なる上昇を
目指すのか、一旦下落を見せるのか次の値動きが注目されます。

 
また金価格は4月半ば以降、下落が続きましたが
昨年12月の安値で一旦下げ止まりを見せた状態で
サポレジを形成して、値動きが停滞するかが注目されます。

 
足元は原油高も一息ついており
金融市場全体の値動きも落ち着いている状態です。

次の値動きがどの市場から生じて、各市場にどのような
影響を与えるのか注目したいと思います。

2018年7月5日 | コメント
ブログランキングに参加しています。記事を読んでいただいたら、下のバナーをポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
投資ギャンブル ブログサイトランキング
株式投資 ブログランキング
株式投資

RSS Feed