投資情報(ブログ) ブログ全文 投資コラム 世界株式市況 日本株式市況 サヤ取りデイトレ サヤ取り公開ペア サヤ取り投資 サヤ取りツール サヤ取り投資の特徴 投資実績 お客様の声 プレミアム版メルマガ    トライドリーム DVD・書籍 投資における3つの掟 デイトレセミナー 株主優待サヤ取りセミナー    投資セミナー セミナー開催予定 開催実績 講師紹介   
  • TOP
  • 世界株式市況

世界株式市況

米中貿易摩擦への懸念後退で大幅高

4月10日(火)のアメリカ市場は以下の通りとなりました。
・ダウ平均 24,408ドル(+428)
・S&P500 2,656.8ポイント(+43.7)
・ナスダック 7,094.3ポイント(+143.9)

10日は3指数揃って大幅な上昇
ナスダック指数は、7,000ポイントを回復しました。

 
米中貿易摩擦問題を巡り乱高下する米国株式市場ですが
日本時間に中国の習近平国家主席が
国内市場の更なる開放を明言。

米中貿易摩擦解消への期待感が広がり
株式市場には買い安心感が広がりました。

 
ダウ平均採用銘柄で見ると、下落が1銘柄のみと全面高の展開。

上昇率1位ボーイング(+3.83%)、2位キャタピラー(+3.50%)
となり、貿易摩擦問題で乱高下する銘柄の
上昇が目立つ結果となりました。

 
また原油価格(WTI)も上昇し65ドルを回復。

中東でシリア情勢の悪化を背景に
トランプ政権の介入が報じられており
原油が買われることになりました。

65-66ドルが1月から続く高値圏であり
以後の原油価格の値動きには注意が必要です。

 
米中貿易摩擦に加え、シリア問題が
金融市場のテーマとして浮上しつつあります。

金融市場への直接的な影響は少ないものの
原油価格上昇で既に間接的な影響は生じています。

 
今後はシリア情勢にも注目しつつ
市場をフォローしたいと思います。

2018年4月11日 | コメント
ブログランキングに参加しています。記事を読んでいただいたら、下のバナーをポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
投資ギャンブル ブログサイトランキング
株式投資 ブログランキング
株式投資

RSS Feed